PM2.5から子供を守る

PM2.5の脅威から子供たちを守る情報をお届けします。

PM2.5は赤ちゃんにどんな影響がある?

   

PM2.5が発生中の散歩はダメ?

赤ちゃん

赤ちゃんへの影響

PM2.5の環境基準値が超えている中で、赤ちゃんを連れて外出したらどうなるのでしょうか?
赤ちゃんの体はまだ未熟ですから、その影響が心配されます。
吸い込みすぎると呼吸器官系の疾患やガンなどの原因になると言われているのですから、
抵抗力も低く体も小さい赤ちゃんではよけい心配になってしまいます。

PM2.5が濃い時期の外出についてはなるべくなら避けたいものですが、
どうしても外に出ないといけない用事があるときは、なるべく短時間で済ませるようにするようにするのがいいでしょう。
現時点では、短時間での外出であれば心配するような影響はほとんどないと言われています

ただ、中国のように視界が遮られるような危険な濃度では、短時間でもNG。
また、もしも赤ちゃんが喘息などの呼吸器疾患を持っている場合は注意が必要
PM2.5が悪影響となり、喘息が悪化してしまう可能性があります。

PM2.5を室内にいれない

PM2.5はその粒子がとても小さく、簡単に肺に入ってしまいます。
蓄積することでガンなどの健康被害が心配されていますが、健康な赤ちゃんであればそこまで心配することはありません。
人の体には免疫機能があるので、それによって排出されるのです。
ただ、やはりPM2.5が多く飛散している時は、不要な外出を避けるなどの対策は施しておいた方がいいです。

また、散歩などの外出だけでなく、室内の対策も忘れないようにしたいもの。
PM2.5の濃度は室内のほうが圧倒的に少ないと考えられていますが、実はそこまで大きな差がないのです。
少しはマシかな…といった程度。
肺の中に入ってくるぐらいですから、室内にも易々と侵入してしまうのです。

PM2.5の侵入を抑えるには、布団や洗濯物を室内干しにする、帰宅したら体についたほこりなどをしっかりと払い落とす、
手洗いとうがい、玄関でルームウェアに着替える…といった対策が必要。
さらに、玄関からそのままお風呂にはいれれば理想的です。

室内に侵入したPM2.5の除去法は?

そうした対策をしていても窓の隙間から入ってくるので、適度な掃除が必要。
侵入してしまったPM2.5を除去するには、空気清浄機が最適です。
ただ、空気清浄機だけでは完璧に除去することはできず、床に落ちてしまった分には効力がありません。
赤ちゃんは床との距離も近いですから、床は水拭きなどをして拭き取るようにします。
最悪、赤ちゃんの体でPM2.5を拭き取るような事になってしまうのです。

床の掃除には掃除機が強力な味方になってくれますが、ただ単に吸い込むだけでは逆効果。
排気からPM2.5が部屋中に再び撒き散らされる事になるので、
きちんとPM2.5を捕らえることができるフィルターを搭載している高性能掃除機を使うようにします。
PM2.5対策としてのフィルターには「ULPA」が最適ですが、一般的な掃除機の値段の3倍近いものとなっています。
でも、高い効果が期待できるので、喘息持ちの人などに人気となっています。

 - PM2.5と子供

ブログランキング参加中♪
応援クリックよろしくお願いします!!